子ども用雑貨とリサイクル

リサイクル向きの子ども用雑貨

子ども用雑貨はリサイクル品としての需要がありながら消耗・損耗しやすいという、リサイクル品のセオリーから外れた品ですが、子ども用雑貨へのリサイクル需要が高いことにも相応の理由があり、必要とする時期の使用頻度が高い上に、まだ分別がつかない子どものための品であることから消耗しやすく損耗が激しいにもかかわらず、使用する期間が短いという子ども用雑貨特有の特徴から、リサイクル需要を持っています。

中でも、消耗しにくく損耗も激しくなりにくい子ども用雑貨への需要は顕著で、ベビーカーやチャイルドシートなどは、頑丈な点と新品の高額さも相まって需要に事欠きませんし、絵本のように子どもに読み聞かせるためのものやDVDのような子供に視聴させるためのものも、破れていたり壊れていたりしなければ、相応の需要があるようです。

子ども用雑貨をリサイクルする際の注意点

リサイクルショップやフリーマーケットに売却する形で子ども用雑貨のリサイクルを行う場合、リサイクルに出す子ども用雑貨を買い取ってもらうこととなるので、リサイクル品として売却する子ども用雑貨はきれいな状態であることが前提であり、極端に汚れたものや破損したものの買い取りは見込めないことをあらかじめ理解しておくべきです。

子ども用雑貨をリサイクルショップないしフリ-マーケットで購入することで子ども用雑貨のリサイクルをするなら、買い取り段階で査定されているリサイクルショップの品であっても、要所の破損が見られずきちんと機能するものを選別しなければなりませんし、フリーマーケットでの購入に際しては、所有者に直接状態確認する許可を得た上で、リサイクルショップの品以上にしっかりと破損の有無と機能チェックを行うべきでしょう。


TOP