リサイクル業界の現状とコスパを重視した子ども用雑貨リサイクル

一般的なリサイクル手段

不要となったものは廃棄するかリサイクルするのがオーソドックスな選択肢ですが、廃棄に細々とした制約や地域ごとのルールが設けられるのが当たり前になったのと同様に、リサイクル手段も廃品回収や親族及び友人・知人への譲渡以外の手段が周知され、不要になったものを不用品回収で処分するだけでなく、リサイクルショップやフリーマーケットなどの形で金銭に換えることも比較的容易となりました。

リサイクル手段に具体的に言及すると、最もメジャーな手段であった自治体主導の廃品回収は現在でもリサイクル手段の一つとして健在で、リサイクルショップも手堅いリサイクル手段として定着し、フリーマーケットもリサイクルショップに及ばないまでも定着しつつあります。

なお、現在もっとも注目を集めるリサイクルの手段はフリマアプリを用いることで、利便性の高さから、法的な規制等がなければ、今後の主要なリサイクル手段となるはずです。

子ども用雑貨の性質

リサイクルするものにも当然向き不向きがあり、基本的には消耗・損耗の激しいものは、リサイクル手段が限定される傾向が強く、リサイクルショップでの買い取り対象外であったり、フリーマーケット等で売れにくかったりするのが一般的です。

しかし、例外はあるもので、子ども用雑貨は消耗しやすく損耗が激しいこともあって、リサイクルに不向きなものではあるものの、消耗性と損耗度の高さからか、却って中古品で間に合わせたいという顧客も少なくないことから、一定の需要があるため、買い取り対象外とされたりする一方で、専門的に取り扱うリサイクルショップも存在するなど、性質的にリサイクル需要が高いものもあり、一概に消耗の激しいもののリサイクル需要が低いとは言えません。


TOP